カミナシ エンジニアブログ

株式会社カミナシのエンジニアが色々書くブログです

AWS

フロントエンドから Amazon S3 にマルチパートアップロードしたい

AWS

はじめに Presigned URL(*) などで、Amazon S3 へのアップロード処理を実装していると、大きなサイズのファイルをアップロードしようとしたときに、以下のような課題に直面することがあります。 一回のPUT リクエストでアップロードできるサイズの上限が 5G…

Amazon S3 へのファイルアップロードで POST Policy を使うと、かゆいところに手が届くかもしれない

AWS

はじめに こんにちは。カミナシでソフトウェアエンジニアをしている佐藤です。 みなさんは、アプリケーションのフロントエンドから、Amazon S3 にファイルをアップロードするときに、どのような方法を用いているでしょうか? 「バックエンドのサーバーにファ…

【AWS re:Invent 2023】自社専用 chatbot を作る AWS の新サービス "Amazon Q for general business use" が面白かった

こんにちは、カミナシのソフトウェアエンジニアの内田 (@A2hiro_tim) です。 11/28、AWS の CEO Adam Selipsky 氏の Keynoteで Amazon Q が発表されましたね。 今回ありがたいことに、AWS re:Invent 2023 にラスベガス現地で参加する機会をいただき、複数の…

【AWS re:Invent 2023】セキュリティの自動化について

どうもセキュリティエンジニアリングの西川です。 12/3(UTC)現在まだラスベガスにいます。これが今回のラスベガスで書く最後のブログとなります。 最高の仲間たちと過ごせて最高の1週間でした。笑いすぎてお腹が筋肉痛です。 たくさんのお土産話ができました…

【AWS re:Invent 2023】ラスベガスで開催されたAWS GameDay Championshipsで優勝しました 🙌

ソフトウェアエンジニアの鈴木(@szk3)です。この記事は re:Invent の現地 ラスベガス からお届けしています。 唐突ですが、re:Invent 2023 にて行われた AWS GameDay Championships 2023 というグローバルな舞台で優勝することができました \ やったー / …

【AWS re:Invent 2023】Amazon Bedrock の Workshop に参加しました

AWS re:Invent 参加中のソフトウェアエンジニアの内田(@A2hiro_tim)です。 “Build and scale generative AI applications with Amazon Bedrock” という Workshop Session に参加しました。 Workshop Session は、まず簡単に Amazon Bedrock の概要を10分ほ…

【AWS re:Invent 2023】AWSマネジメントコンソールに埋め込まれた生成 AI な新サービス"Amazon Q"を知るための9つの質問

ソフトウェアエンジニアの鈴木(@szk3)です。AWS re:Invent 2023に参加しており、現地ラスベガスでこの記事を書いています。 さて、本日の Keynoteで発表された Amazon Q という生成AIのサービスですが、めちゃくちゃ使えそうという印象を受けました。 aws.am…

【AWS re:Invent 2023】AWS WAFの新機能 Application integrationを使ってみた

こんにちは、セキュリティエンジニアリングの西川です。 WAFのワークショップ(NET308-R1 | Get hands-on with fraud prevention using AWS WAF )に参加し、面白い機能がAWS WAFに追加されていたので、そちらを紹介します。 なお、ここではAWS WAFの説明は…

【AWS re:Invent 2023】SEC319-R | Enhance cloud security: Using AWS SRA with Terraform のご紹介

おはようございます(?)セキュリティエンジニアリングの西川です。 AWS re:Invent 2023 2本目の記事です。前回同様、若干ガバナンス系の話なのですが、 「SEC319-R | Enhance cloud security: Using AWS SRA with Terraform」というセッションを聞いていま…

【AWS re:Invent 2023】COP402: Coding for compliance at scale のご紹介

こんばんは(?)、セキュリティエンジニアリングの西川です。 re:Invent始まりましたね。 カミナシからも今年は4名参加して、AWSの知識・技術向上のためさまざまなセッションに参加しています。 私は今回re:Inventは初参加で、右も左もわからない状態ですが…

Amazon Aurora の KMS キーをシュッと差し替える

AWS

今後のサービスの成長を考えると早いうちに対処すべきなのはハッキリしていたので、Amazon Aurora の KMS キーを AWS マネージドキーからカスタマーマネージドキーに差し替えることにしました。

インフラ初心者がゼロダウンタイムでECS clusterの切り替えに挑戦した話〜式年遷宮〜

こんにちは。カミナシでソフトウェアエンジニアをしているaomanです。 私のエンジニアとしての経歴はカミナシが2社目で、前職も含めフロントエンドからバックエンドまで一通り開発はしていました。ですが、AWSなどインフラに関しては、アプリケーション開発…

Feature Flags の仕組みを整備して、デプロイとロールアウトの分離を加速させた

AWS

こんにちは、カミナシでソフトウェアエンジニアをしている 佐藤 と申します。 弊社で開発・提供しているノンデスクワーカー向けプラットフォーム「カミナシ」(以降「カミナシレポート」や「弊社アプリケーション」と呼びます)において、Feature Flags の仕…

社内で AWS Workshop を開催しました!

こんにちは。 カミナシでソフトウェアエンジニアをやっている Taku です。 先日、社内で AWS の Workshop を開催してみたところ良い反応をいただいたのでその共有となります。 Workshop 開催の目的 今回 Workshop を開催した主な目的はAWS の自己学習を推進…

RDS Blue/Green Deployments を使ってシュッと utf8mb4 にマイグレーションした話

AWS

Blue/Green Deployments を使って utf8mb4 にマイグレーションするための具体的な手順を詳しく解説していきます。

アナハイムで開催された AWS re:Inforce 2023 に参加してきました!

はじめまして、2023年6月よりカミナシにセキュリティエンジニアとしてjoinした西川と言います。今回はCTOのToriと私とで参加したAWS re:Inforceについて書いていきたいと思います。 re:Inforceとは AWSのセキュリティに特化したカンファレンスでEXPO、ChalkT…

技術的負債になりかけていた機能をリアーキテクティングしたら、めちゃくちゃ改善した話

ソフトウェアエンジニアの 鈴木 (@szk3) です。 先日、カミナシにおいて古くから存在する1つの機能をリアーキテクティングしました。 その結果、処理時間は4分の1以下、コストは90%程度削減 と大きな成果を出すことができました 本記事では、その機能が抱え…

初参加して学んだ AWS re:Invent の過ごし方 〜やって良かったこと・やれば良かったこと振り返り〜

前回の記事でも書かせていただいたとおり、先週アメリカのラスベガスで行われた AWS re:Invent に参加してきました。 kaminashi-developer.hatenablog.jp 筆者は海外へ行くことも2回目(米国は初)で慣れないことも多く大変だったため、反省を来年に生かすため…

現地から見た、AWS re:Invent 2022 の様子

カミナシ ソフトウェアエンジニアの中原です。 会社として AWS re:Invent 2022 に参加させていただけることになり、現在ラスベガスに来ています! 時差があるため、現在ちょうど1日目のセッションが終わる頃なのですが、現地の雰囲気をいち早くお伝えさせて…

インフラ未経験エンジニアが構築したGCPがたった数ヶ月でAWSに移行された話

こんにちは、株式会社カミナシのエンジニア @imu です。 はじめに 2021年11月に以下の開発者ブログを公開しました。 kaminashi-developer.hatenablog.jp α版として構築したインフラですが、2022年1月にインフラ移行の話が突如検討されました。 なぜ最終的にA…

BtoB SaaSスタートアップのインフラの失敗と選択の歴史を登壇の中で暴露してきました

初めまして。株式会社カミナシPMの@gtongy1です。 先日行われた BtoB Startup Engineers Meetup 〜BtoB SaaSを支えるインフラ〜 - connpass にて「失敗しても前に倒れる。高速検証のための壊しやすいインフラ」というタイトルで登壇してきました。 登壇資料 …

【Golang + echo】S3のファイルをバイナリデータでレスポンスする

はじめに この記事はGo 4 Advent Calendar 2020 17日目の記事です。 こんにちは、株式会社カミナシのエンジニア @imuです。 早速ですが、S3にあるファイルをバイナリデータで取得してレスポンスに含めたいと思ったことはありませんか? 『カミナシ』ではバッ…